ホーム製品紹介エレクトロニクス分野:研究・開発 > 三次元計測マイクロフォーカスX線CT装置

製品紹介

研究・開発【エレクトロニクス分野】

三次元計測マイクロフォーカスX線CT装置


メーカー ヤマト科学
型式 TDM1000-IS

断層画像収集から計測・解析まで1システムで完結。

業界最高レベルの解像度を誇るX線マイクロCTシリーズ!! 
金属材料はもとより、従来のX線マイクロCTでは困難とされてきた
軽元素微細複合材の非破壊解析に威力を発揮します。

詳細はこちら

特徴
● 機種ラインアップ 最高分解能500nmのサブミクロンスケールからラインアップ。
● 高い解像度・広いダイナミックレンジ 空間分解能:1mmから75mmまでの試料の全体撮影および部分拡大が可能。
  コントラスト(階調)分解能:金属から 軽元素複合素材まで鮮明な画像化が可能。
● 高い寸法精度 高精度標準器で試料走査空間座標を校正。
● 高速処理 独自のRawデータ収集&画像再構成アルゴリズムにより業界最速レベルの処理能力。
● 三次元画像表示機能 立体画像と断面画像を同じフレームに表示する新機能により、試料の観察部位と画像上の
  位置対比が一目瞭然。  
その他
● 数ミクロン(μm)以内の微小焦点(マイクロフォーカス)から放射されたX線は
  コーン状に拡がりながら試料を透過する。
● 試料の投影データは、(X線管の焦点~検出器間距離)÷(X線管の焦点~試料
  管距離)の幾何学倍率で検出器(イメージインテンシファイア、フラットパネル、X線
  CCD等)に収集される。
● 収集された投影データは、A/D変換器を介して、主演算制御部CPUに送られる。
● 主演算制御部CPUの処理によって透視画像、二次元CT画像、三次元CAT画像
  およびMPR画像が得られる。
  また特殊画像処理が必要な場合は、オプションの多機能計測・解析システムに
  よって各種計測・解析を行うことができる。
三次元計測マイクロフォーカスX線CT装置
ページTOPへ