ホーム製品紹介食品分野:成分分析 > 糖分析計 SU-300

製品紹介

成分分析【食品分野】

糖分析計 SU-300


メーカー 東亜ディーケーケー株式会社
型式 SU-300
簡単な前処理で糖濃度を同時測定。
5項目の糖類とエタノール、または7項目の糖アルコールを同時測定。
パソコン不要のオールインタイプ、装置内部で自動解析、自動演算ができます。

詳細はこちら

特徴
● 簡単な前処理で同時測定できる糖濃度分析計です!
● クロマトグラフ法の採用で、糖類の同時測定ができます。
● 糖モードでは、単糖類、2糖類と同時にエタノールも測定できます。
● アルコールが糖と分離して出るため、酒類などのアルコールと糖の同時分析をすることが可能です。
● 糖アルコールモードでは7項目の糖アルコールを同時測定できます。
● オートサンプラ(別売)による多検体自動測定が可能です。
仕様
【測定方式】 パルスドアンペロメトリック - 陰イオン交換カラム法
【測定モード】 2種類(糖類モード、糖アルコールモード)
【測定項目/範囲】 糖モード<エタノール>
              0.2 ~ 4 g/L(低濃度レンジ)4~30 g/L(高濃度レンジ)
              <グルコース>
              10.0 ~ 100mg/L(低濃度レンジ)100~300mg/L(高濃度レンジ)
              <フルクトース、ラクトース>
              10.0 ~ 100mg/L(低濃度レンジ)100~750mg/L(高濃度レンジ)
              <スクロース、マルトース>
              20.0 ~ 100mg/L(低濃度レンジ)100~750mg/L(高濃度レンジ)
          糖アルコールモード<イノキシトール、エリスリトール>
                    10.0 ~ 100mg/L
                   <キシリトール,アラビトール,ソルビトール,マンニトール,マルチトール>
                    10.0 ~ 200mg/L
【繰返し性】 校正液濃度においてC.V.値3%以内
【サンプル注入】 手動による試料注入および手動によるバルブ切換え
【サンプル計量】 ループカット方式 ループ容量10μL
【測定 時間】 糖モード:30分/回、糖アルコールモード:18分/回
【校   正】 指定校正液濃度による1点校正
【使用カラム】 糖分析用カラム PCI-520(陰イオン交換型)
【検 出 部】 パルスドアンペロメトリ法(金電極) セル部:室温ただし、前段に予熱部あり(40℃)
【出   力】 アナログ:0~1V デジタル:RS-232C
【サンプラー端子】 標準装備
【電   源】 AC100V
【本体寸法、質量】 約W190×H469×D530mm   約17kg

ページTOPへ