入力補償型示差走査熱量測定装置
DSC8000シリーズ

入力補償型示差走査熱量測定装置<br>DSC8000シリーズの画像です

世界唯一のダブルファーネスを採用。                                                                750℃/min の超高速スキャン。
吸熱・発熱量を直接測定、温度及び熱量の正確度、再現性に非常に特化した装置です。

詳細はこちら

  • メーカー
    株式会社パーキンエルマージャパン
  • 型式
    DSC8000,DSC8500

特徴

  • 最高昇降温速度 750℃/min をコントロールした環境で再現。
  • 低質量のファーネスが優れた追従性を実現。
  • サンプルに触れることなくクエンチ Cooling が可能。
  • SmartScan™ によるフラットなベースライン。
  • Wavelet Analysis によるスムーズな解析。
  • デジタルマスフローコントローラー内蔵。
  • 高精度なオートサンプラーシステムを搭載(96サンプル)。
  • 極低温(-120℃~)からの測定を液体窒素システム無しで利用可能。

仕様

【ファーネスタイプ】 ダブルファーネス
【測 定  原 理】 入力補償型
【温度変調DSC(MT-DSC)】 StepScan ソフトウェアにて利用可能
【測 定  範 囲】  -170℃~750℃
【熱量 再現 精度】 ±0.03% 以下
【熱 量 正 確 度】 ±0.2%
【コントロール最高昇温速度】 750℃/min
【コントロール最高冷却速度】 750℃/min
【サ イ ズ】  540(幅)×300(高さ)×620(奥行き)mm
【重 量】 20Kg(30kg オートサンプラー付)

ページトップへ戻る