紫外可視近赤外分光光度計
LAMBDA750/950/1050

紫外可視近赤外分光光度計<br>LAMBDA750/950/1050の画像です

高ダイナミックレンジ(吸光度8A)の分光光度計です。                                                            正確性、精度、再現性に優れています。
Snap-inアクセサリーは様々なアプリケーションに対応可能。

詳細はこちら

  • メーカー
    株式会社パーキンエルマージャパン
  • 型式
    LAMBDA750/950/1050

特徴

  • 超高感度3D検出器搭載(LAMBDA 1050)
  • 超低迷光
  • 広範囲な測定波長範囲175~3300nm(LAMBDA 950/1050)
  • 0.00005Abs(500nm)以下の超低ノイズ
  • UV WinLab™ソフトウェア
  • 豊富なSnap-inアクセサリー
  • 自動角度可変ユニバーサル反射アクセサリー(URA)を新搭載
  • 多目的オプティカルベンチ(GPOB)システムを用意(オプション)。

ページトップへ戻る