DXRxi イメージング顕微ラマン

DXRxi イメージング顕微ラマンの画像です

分子構造や化学組成、サンプル形態などの高速分析。
イメージングに主眼を置いたソフトウェアインターフェイスの採用。
豊富な情報を含むケミカルイメージで素早い材料分析を可能。
わずか数秒で詳細な画像情報を広いエリアで取得。

詳細はこちら

  • メーカー
    サーモフィッシャーサイエンティフィック㈱
  • 型式
    DXRxi イメージング顕微ラマン

特徴

● 熟練を必要としない簡単な操作
● 直観的で高速なイメージングの取得
● 「顕微鏡」を意識した分光分析
● 豊富な化学分析情報を搭載したデータをリアルタイムに収集
●業界最高クラスの基本性能

【イメージング・パフォーマンス(例)】
● 10mm径のタブレットを20μmのステップサイズで両方向に測定 :11分
● 100 μm × 100 μm の単一イメージを1 μmのステップサイズで両方向に測定 : 35秒

その他

DXRxi イメージング顕微ラマン

【グラフェンの解析】
 研究段階である物質の構造と特性の関連性を調べることは重要です。
 そのためサンプル全体を高画質で視覚化することにより微細な変化を捉える
 必要があります。
 ここでは150×150ミクロンの領域で9万以上のスペクトルイメージをとることにより、
 部分的に成長した樹枝状構造のグラフェンバンド端で欠陥が生じていることが確認
 されました。

ページトップへ戻る