酸化安定性試験装置(油脂分析測定器)

酸化安定性試験装置(油脂分析測定器)の画像です

動植物油脂の酸化安定性試験として、油脂分析試験の公定法CDM試験に準拠しています。
食用油、食品、菓子、化粧品、医薬品、香料に含まれる油脂・油の酸化安定性や劣化を測定する装置です。

詳細はこちら

  • メーカー
    メトロームジャパン株式会社
  • 型式
    892プロフェッショナルランシマット

特徴

  • 公定法CDM試験法準拠
  • AOCS Cd 12b-92 (AOCS-American Oil Chemist' Society) 準拠
  • ISO 6886 Oil Stability Index 準拠
  • ソックスレー法などで溶媒抽出せずに直接試料を酸化安定性を測定
  • 脂質(lipid)を含む食品の酸化安定性試験も可能
  • 装置の操作やデータの解析はPCソフトウェアStabNetで簡単に実行
  • 一度に8検体まで同時に測定できて個別スタートも可能
  • 装置前面のディスプレイで全ての検体の状態を常に把握
  • 1台のPCで最大4台まで装置を接続してコントロール可能
  • ディスポーザブル試験管を使用してコンタミ防止
  • 酸化安定性試験の測定時間を大幅に短縮
  • 試薬は一切不要
  • FDA21 CFR Part11対応

その他

【測定例】
※ インスタント食品、スナック菓子、食品油、バターなどに含まれる油や油脂の酸化安定性の測定
※ 抗酸化剤の効果試験
※ 油や油脂を含む食品、医薬品、化粧品の酸化安定性試験

ページトップへ戻る