卓上型NMR picoSpin45

卓上型NMR picoSpin45の画像です

核磁気共鳴(NMR)はより身近なものに。
永久磁石を使用したコンパクトで低価格なNMR。
冷媒など特殊設備なしで通常の実験室環境での使用可能。

詳細はこちら

  • メーカー
    サーモサイエンティフィック㈱
  • 型式
    picoSpin45

特徴

  • 特別なトレーニングや専門知識が無くても使用できる簡単な操作
  • 温度コントロールされた永久磁石を用いているため液体窒素など特別な冷媒やコンプレッサーは不要
  • ユーザーにより交換可能なキャピラリーカートリッジ
  • 30μl という少量のサンプルでの測定が可能
  • 軽量(4.8kg)で持ち運びが可能

仕様

【共鳴周波数】  45MHz
【核   種】  1H   19F (液体専用)
【分 解 能】  60ppb以下
【永久 磁石】  温調あり
【試料 容量】  30μℓ (キャピラリ部:300μℓ)
【重   量】  4.8Kg
【サ イ ズ】  20.3 cm × 14.6 cm × 29.2 cm

その他

卓上型NMR picoSpin45

【サンプル測定方法】
① キャピラリを洗浄(アセントン等)
② サンプルを注入
③ スキャン回数を設定し測定
④ 測定後、スペクトルを保持


【測定可能なサンプル】
● 核種:1H、および19F(フッ素)
● 単相の均一サンプル 1%(V/V)以上
● 固体の高濃度溶液 1Mまたは5%(m/m)以上
● 動粘度:120cP以下(オルーブ油は約81cP)
● 使用できる溶媒もあります。。。お問い合わせください。

ページトップへ戻る